Real Time

犬の服どうやって選ぶ?実用性それともデザイン性?

犬の服、どうやって慣らす?

最近のペットブームで犬の洋服は人と同じぐらいの種類があります。季節に合わせたものからイベントごとに合わせた服まで、その時々で変えることができます。ただ、犬はもともと服を着る動物ではありません。なので服を着せると違和感を感じ、動けなくなったり暴れたりしてしまいます。服を着せるのであれば慣らすことがまず大事ですので、薄手のタンクトップのような袖のないタイプで少しゆとりのあるものを着せて、肌に触れる場所を少なくして慣らしていきましょう。

実用性重視!その状況に合わせて服を着せよう

ある程度服を着ることに慣れるとどんな服でも着ることができます。服の種類もたくさん出ているため、その状況に合わせて服を選ぶようにしましょう。雨の日に散歩に出る犬はレインコートを、寒がりな犬には防寒服、室内で毛が抜けやるい犬には室内用の服など、その状況に合わせて服を着せ替えてあげましょう。サイズなどもたくさんありますので、一度試着をしたうえで合ったサイズのものを選んであげると、嫌がらずに服を着てくれます。

かわいくしたい!デザイン性で服を選ぼう

かわいい家族の一員ですので、人と同じようにかわいい服を着せてあげたい!と考える人も多いかと思います。犬が嫌がらないのであれば、デザイン性で服を選んでもいいでしょう。かわいい服や小物などたくさんありますので、お出かけ服や室内用の服など、服を着せ替えて楽しむのも一つです。服ひとつで印象も変わり、新たなかわいさを発見できることもあるのでおすすめです。実用性のある服でも、デザイン重視の服でも、あくまでも犬の気持ちを尊重しながら、服を選ぶようにしましょう。

愛犬に必要か不要かで意見が割れる犬の洋服ですが、体温調節が難しい月齢や犬種にとって、おしゃれとして楽しむ他に機能性で着用させる面も持っています。