Real Time

結婚指輪の材質としてお勧めできる宝石!その三種とは

まずはダイヤモンドこそ

結婚指輪といえば、ダイヤモンドです。これはイメージ戦略の結果ではありますが、それでも良いと思っている人が多いのであれば、それで問題はないです。つまりは、本人たちが満足しているならば、それが良い行為です。ダイヤモンドは永遠の輝き、といいますが実際問題としては、燃えますし、炭化します。但し、相当に高温である必要がありますが、事実上、とても硬く、永遠の愛を誓う宝石としてはかなり良い物であるといえるのは確かです。

他の宝石はどうなのか

他に宝石としてお勧め出来るのは、サファイアとルビーです。この三つが結婚指輪としての宝石として、良い三種であるといえます。しかし、圧倒的にダイヤモンドが抜きん出ています。それは資産的な価値もそうですし、美しさにも言えることです。個人の嗜好次第ではありますが、やはり、最もポピュラーであるといえるのが、ダイヤモンドであるといえます。価格的にも極端に大きくないのであれば、そこまで高いわけではないので、良い宝石です。

憧れのダイヤモンドにすること

多くの女性がダイヤモンドに憧れているわけですが、その価値には4つの部分があります。それがクラリティ、カラット、カラー、カットです。この4つが総合的に良い物が高いです。要するに透明度がよく、色がしっかりとしており、カット技術も上手で、大きいダイヤモンドに価値があるわけです。そこは知っておくと良いです。それとすべてがダイヤで出来るわけではないので、リングの部分の材質も大事です。基本的にはシルバーか純金がよいです。

結婚指輪をオリジナルで作ると、世界でたった一つの指輪が作れます。ジュエリーショップで販売されている既製品ではなく、デザインにこだわりたいという人におすすめです。イニシャルや記念日なども刻印できます。